読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liquor License Support Blog

一般酒類小売業免許や通信販売酒類小売業免許、輸出入酒類卸売業免許など、お酒の免許について。

「契約等」について(輸出入酒類卸売業免許)

契約等について 覚書・念書 外国の取引先 お問い合わせ 契約等について 輸出・輸入の両卸売業免許ともに共通の要件があります。 これは「輸出入酒類卸売業免許」独特の要件といってもいいのではないでしょうか。 それは、「販売能力及び所要資金等」に関する…

リサイクルショップでの酒類の買取・販売免許 ー ネットオークション版

前にも書いた通り、最近はリサイクルショップが酒類販売業免許を取得する例も増えてきています。 リサイクルショップの場合は店頭販売だけではなく、ネットオークションに出品して販売をすることがほとんどだろうと思います。 ここからはネットオークション…

オークションでお酒を販売する

オークションでのお酒の販売については、十分に注意が必要です。 ※ネットオークションでお酒を出品している人はたくさんいるし、、、※4~5本くらいのもんだから大丈夫でしょ? そんな軽い気持ちでお酒をオークションに出品すると、とんでもないことになり…

通信販売酒類小売業免許について学んだ事実をあなたに教えよう

www.dlmarket.jp 通信販売酒類小売業免許を取得しよう。そう決定したら何から手をつけたらいいのか。 手がけたことのない人には絶対にわかりません。 とりあえずネットで調べたら税務署が関係しているらしいことがわかった。なので近くの税務署に行ってみた…

教えましょうー申請書の作り方から提出まで

www.dlmarket.jp 一般酒類小売業免許を取得しよう。そう決定したら何から手をつけたらいいのか。 手がけたことのない人には絶対にわかりません。 とりあえずネットで調べたら税務署が関係しているらしいことがわかった。なので近くの税務署に行ってみた。 す…

酒類販売管理研修の義務化 ─ 法改正

『酒税法及び酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律の一部を改正する法律案要綱』の中で、酒類販売管理研修の義務化が決まりました。 今まで酒類販売管理者を選任する場合には、基本的には、選任してから研修を受講するように努めることを求めるに過ぎませ…

洋酒卸売業免許と輸出入酒類卸売業免許の違い

酒類の卸売業免許の中には、 洋酒卸売業免許 輸出入酒類卸売業免許 という、なんとなく似たような免許があります。この違いは似ているようで全く違う免許なのです。この違いを説明する前に、そもそも卸売業免許とはどういうものなのかを見てみましょう。 「…

酒類小売業免許申請に必要な業務経験

お酒の小売業をする場合、酒類販売の免許が必要です。 その申請の時に求められる要件の中に、経歴というものがあります。 たとえば一般酒類小売業免許に関しては、 ●申請者や販売場の支配人が次に該当し、お酒に関する知識や記帳能力、その他経営する知識や…

お酒の通信販売について

酒をインターネットなどの方法で通信販売する場合ですが、取り扱うことができるお酒の種別に制限があります。 基本的には、日本全国どこの酒屋さんででも購入することが困難であると思われるお酒(ex.地酒、輸入酒等)に限定されています。 まぁ、本当に購入…

酒類の販売業免許について

パソコンや洋服などを売るのとは異なり、酒類を販売するためには、販売場(事業を行う場所のこと。必ずしも店舗があるとは限りません。)の所在地を管轄している税務署長宛に申請して販売業免許を受けなければいけません。 ただし、次に該当する場合には販売…

酒類販売の媒介業って?

酒販免許の種類に、酒類販売媒介業免許というものがあります。 あまり馴染みのない免許なんですが。 さて酒類販売媒介業とは一体どういうものなのでしょう。 それは次のような定義があります。 ★酒類販売媒介業 他人間の酒類の売買取引を継続的に媒介する事…