Liquor License Support Blog

一般酒類小売業免許や通信販売酒類小売業免許、輸出入酒類卸売業免許など、お酒の免許について。

お酒の通信販売について

酒をインターネットなどの方法で通信販売する場合ですが、取り扱うことができるお酒の種別に制限があります。

 

基本的には、日本全国どこの酒屋さんででも購入することが困難であると思われるお酒(ex.地酒、輸入酒等)に限定されています。

まぁ、本当に購入が困難なのかどうかは別としておきましょう。

法律上ではそのように定められているのです。

 

ところが、たまに次のような質問を受けることがあります。

 

「インターネット通販をしている業者で、普通のどこででも買えるお酒を売っているところがあるんだけど何故でしょうか?違法に販売しているのでしょうか?」

 

いえいえ、そういうわけではありませんね。

ただし、その業者さんが本当に違法ではないのかどうかは、確認しなければなんとも言えないところですが、ネット通販で有名所のお酒を適法に販売する事ができる事業者はいるんです。

 

国税庁のHPでは次のように示されています。

平成元年以前に全酒類小売業免許を受けた者などのように、「酒類販売業は小売に限る」旨の条件のみ付されている酒類販売業免許を受けた者は、酒類の販売方法が小売(消費者又は料飲店営業者に対して酒類を販売することをいいます。)に該当する販売行為をすべて行うことができます。従って、消費者に対して酒類を通信販売することも小売に該当しますので、免許の手続を要することなく、現在の販売場において行うことができます。』

 

要するに、【平成元年以前に全酒類小売業免許を受けた事業者】に対しては、【酒類販売業は小売に限る】としか制限がかかっていなかったわけです。

 

 

今現在では【全酒類小売業免許】という免許そのものがなくなっているわけですが、それに相当するものとしては、【一般酒類小売業免許】があります。

 

現在この 【一般酒類小売業免許】 を取ると、販売条件として【全酒類 通信販売を除く小売に限る】という制限がかかります。

要するに、すべての酒類(お酒)を小売販売してもいいけど、通信販売はやったらダメよ!、、、といっているわけです。

 

わかりますか?

今、新規に【一般酒類小売業免許】を取得するならば、通信販売はできない

 

でも、

【平成元年以前に全酒類小売業免許を受けた事業者】に対しては、【酒類販売業は小売に限る】としか制限がかかっていなかった。

小売業はやっていいけど、卸売業はやっちゃダメよ!としか書かれていない。

 

つまり、通信販売はダメだという制限がなかったので、この時期に免許を取得した事業者であれば、今現在でも通信販売の方法でお酒の販売をしても問題はないということです。

 

だから、質問にあるように、

「インターネット通販をしている業者で、普通のどこででも買えるお酒を売っているところがあるんだけど何故でしょうか?違法に販売しているのでしょうか?」

 

というのも、その通販事業者が【平成元年以前に全酒類小売業免許を受けた事業者】

であるならば、その販売行為は適法であると言えます。