読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liquor License Support Blog

一般酒類小売業免許や通信販売酒類小売業免許、輸出入酒類卸売業免許など、お酒の免許について。

洋酒卸売業免許と輸出入酒類卸売業免許の違い

酒類の卸売業免許の中には、

 

  • 洋酒卸売業免許
  • 輸出入酒類卸売業免許


という、なんとなく似たような免許があります。
この違いは似ているようで全く違う免許なのです。
この違いを説明する前に、そもそも卸売業免許とはどういうものなのかを見てみましょう。

酒類卸売業免許」とは次のようなものを言います。
酒類販売業者】又は【(酒類)製造者】に対して、酒類を継続的に販売することができる免許のことを言うのです。
酒類販売業者】又は【(酒類)製造者】に対して、販売できる免許ですから、一般の消費者や飲食店などへは販売(小売)することはできません。

その上で、洋酒卸売業免許と輸出入酒類卸売業免許の違いをみてみましょう。
酒類の販売に関する区分は次のようになっています。
清酒
合成清酒
▪ 連続式蒸留しょうちゅう
▪ 単式蒸留しょうちゅう
▪ みりん
▪ ビール
▪ 果実酒
▪ 甘味果実酒
ウイスキー
▪ ブランデー
発泡酒
▪ その他醸造
▪ スピリッツ
▪ リキュール
▪ 粉末酒
雑酒

 

洋酒卸売業免許

洋酒卸売業免許は、これらの区分のうち、
果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、発泡酒その他の醸造酒、スピリッツ、リキュール、粉末酒、雑酒
のすべて、又はこれらの酒類のうちの1つ以上を卸売することができる免許をいいます。
申請の時には、どの区分のお酒を販売するのかを書面の中で事前に明らかにする必要があります。
この免許を持っている場合、販売先はどこになるでしょうか。
先ほど上で、グレーの囲み枠の中でも書きましたが、一般の消費者や料飲店などに対して販売することはできません。
しかも、販売先である酒類販売業者や酒類製造者は「国内の事業者」となります。
海外の酒類販売業者や酒類製造者に対して販売する場合には輸出酒類卸売業免許が必要となります。
つまり、販売できる(卸売できる)酒類は上に書いた区分のもので、その販売対象者は日本国内の酒類販売業者や酒類製造者であると言うことになります。
重ねて言いますが、卸売業免許なので一般消費者等への販売(小売)はできません。


輸出入酒類卸売業免許

輸出入酒類卸売業免許とは、


※輸出される酒類(輸出酒類卸売業免許)
※輸入される酒類(輸入酒類卸売業免許)

※輸出される酒類及び輸入される酒類(輸出入酒類卸売業免許)


を、卸売できる免許のことです。
この免許の場合には、販売可能な酒類の区分は特に制限されていません。
ですが、申請書類の中で自社(自分)がどの区分のお酒を販売するつもりなのかを事前に提出しなければいけません。
こちらも卸売業免許であることは洋酒卸売業免許と一緒ですから、一般消費者等への販売はできません。


輸出酒類の場合は、日本国内から海外の事業者に対して卸売をするための免許。
輸入酒類の場合は、海外の事業者から自社が輸入して、それを国内の事業者に対して卸売をするための免許。
輸出入酒類卸売業免許の場合は、輸出と輸入の両方の卸売をするための免許です。
又、輸出や輸入の免許を申請する場合には、契約等によって酒類を輸出又は輸入することが確実と認められる手段を講じる必要があります。つまり、取引相手との間で契約書等を作成しておく必要があるのです。

輸出入酒類卸売業免許や洋酒卸売業免許については、申請しようと思ったらまだまだ山ほどの要件や考えておかなければいけないことがあります。
でもここでは、基本的な違いを理解してもらえればいいと思います。