読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liquor License Support Blog

一般酒類小売業免許や通信販売酒類小売業免許、輸出入酒類卸売業免許など、お酒の免許について。

オークションでお酒を販売する

オークションでのお酒の販売については、十分に注意が必要です。


※ネットオークションでお酒を出品している人はたくさんいるし、、、
※4~5本くらいのもんだから大丈夫でしょ?


そんな軽い気持ちでお酒をオークションに出品すると、とんでもないことになりかねません。
まず、大原則をよく覚えておいてくださいね。

大原則!
酒類の販売業をしようとする場合には、酒税法に基づき、販売場ごとにその販売場の所在地の所轄税務署長から販売業免許を受ける必要があります。


いいでしょうか。
これがお酒を販売する時の大原則なんです。


じゃぁ、ネット上のオークションの場合はどうなのでしょう?オークションに出品するに過ぎないような場合でも、そのためだけに免許を取らないといけないのでしょうか?


これはですね、出品しようとする人がどのようにするつもりなのかによって、答えが違ってくることなのです。


例えば・・・!
よくあると思いますが、家に貰い物で開封していなくて、飲んでいないお酒なんかがあったりしますよね?

ここでいう「お酒」っていうのは日本酒のことだけじゃありませんよ。アルコール類全般のことを言います。


このまま家に置いておいても勿体無いし、売っぱらってしまおう!
ということで、ネットオークションに出品することにしました。

まぁ、一回だけだし問題ないでしょ?


さぁ、どうでしょうか?
この場合、お酒の免許はいるでしょうか?


答えは、「必要ありません」、、です。


なぜなら、
酒類の販売業」とは、酒類を継続的に販売することをいい、営利を目的とするかどうか又は特定若しくは不特定の者に販売するかどうかは問わない。
というものがその根拠になっているからですね。


つまり、継続的に販売する、というのは「業として」ということです。
生業として繰り返すことを「酒類の販売業」としているわけです。


なので一回、家で飲まない余り物のお酒をネットオークションに出品することについては「業として」行っていることにはなりませんので、「酒類の販売業」には該当しないことになり、酒販免許は必要がない、ということになります。

ところが、一回オークションに出品したところ、想定外のいい値で売れたとしましょうか。
これに味をしめて、「もう一回出品してみようか。。。。」
どうせ、お酒を売ってる人はいっぱいいるんだし、二回目だし、これで生計立ててるわけでもないし。


「大丈夫だよ、もう一回やっちゃえ! いいお小遣いになるよ~」(by 悪魔の囁き)


悪魔の囁きに促されて、二回目のお酒出品を実行してしまいました。
この辺りからが少々問題になってきますね。


販売免許が必要となるのは、「業として」行う場合でしたね。
では、二回目というのは「業として」行うことになるのでしょうか?
二回目の出品で即摘発となるのでしょうか?
そんなことは誰にもわかりません。


タイミングによっては、たった二回目で摘発される可能性が「0」だとは言えません。
まぁ、二回目で摘発される可能性はそれほど高くはないかもしれません。
でも、何回目の取引からが「業として」認定されるのか、それは一般の人にはわかりません。正直言って、私にだってわかりませんよ?


調査をしている国税の担当者などが、一回目にお酒が出品されていたことを記憶していたとします。一回きりのオークション出品なのだったらまず問題になることはありませんが、後日また同じ人からの二回目の出品を確認されてしまった、としましょうか。
二度あることは三度ある。
もしかしたら、家(事務所)にお酒を大量にストックしていて、それを小出しにしているのかもしれない。
そんな風に思われたとしたも、二度目の出品でも調査に入られる可能性は全くない、、、ということができますか?
そう、わからないんですよ。


確かに、免許を持たずに何度も何度も出品している人も中にはいるのかもしれません。
でも、それはたまたま調査の対象から漏れていただけのことなのか、あるいは現在調査等に向けて準備中なのか、知る由もありませんが、今なんともないからと言って、いつまでもその状態で続けられると考える方が甘いと言わざるを得ません。


もし、摘発されれば、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科される恐れがありますよ。
しかも、今後酒販の免許が付与される可能性は絶たれてしまうことになりかねません。


それだけリスクが高いのです。


当局は今後も、不正には適正に対処する、としています。


「大丈夫だろ?」と、安易に考えての出品はやめておいた方が身のためですよ!